イヌ

イヌの属するイヌ科は、森林から開けた草原へと生活の場を移して追跡型の狩猟者となった食肉類のグループである。
待ち伏せ・忍び寄り型の狩りに適応したネコ科の動物に対して、イヌ科の動物は、細長い四肢など、持久力重視の走行に適した体のつくりをしている。

また、イヌは古くから品種改良が繰り返されて、人工的に改良された品種には、自然界では極めて珍しい難産になるものも多く
品種によっては、出産時に帝王切開が必要不可欠となる(主にブルドッグ)

全般的に高い知能を有する。また、品種によってはより優れた学習能力を示す。総じて記憶力も高く
例えば狂犬病の予防接種を受けた犬は次年度の狂犬病予防接種に行く際、パニックを起こす事がある。

試行錯誤を行う事もあり、例えば脱走するために首輪のフックを地面にこすりつけてフックが外れないかどうか試行したり、
室内で粗相をしたときは何か他のものをのせて大便を隠し、とぼけるなどの行動を行う事もある。他の犬に対して関心を示し、
威嚇する行動を取る品種とそうでないものがある。他の犬への関心の示し方、攻撃性は、躾(しつけ)によっても抑えることがある程度可能である。

なお、犬自体の「人間に対しての関心の示し方や接し方」は現時点において未知のものが多く、その解明の為の研究が今も進められているが、
近年の研究では飼い主側の人間が示す「声を荒げて叱る」などの態度に対して敏感な反応を示すことが明らかになっている。

トラ

頭胴長(体長)140 – 280センチメートル。尾長95 – 119センチメートル。メスよりもオスの方が大型になる。
北部の個体群が大型で、南部にむかうにつれ連続的に小型になる傾向がある。インドやロシア極東部の個体群は大型で、スマトラ島の個体群が最も小型。
腹部の皮膚は弛んで襞状になる。背面は黄色や黄褐色で、黒い横縞が入る。

縞模様は藪などでは周囲に溶けこみ輪郭を不明瞭にし、獲物に気付かれずに忍び寄ったり待ち伏せることに適している。腹面や四肢内側は白い。
黒化個体の発見例はないが、インドでは白化個体の発見例がある。野生下では1951年にオスの幼獣が発見されてからは
2016年の時点で白化個体の発見例はなく、飼育下でみられる白化個体はこの個体に由来する。

縞が太くて繋がり黒化したように見える個体もみられ、飼育下では通常個体と白化個体の中間型(ゴールデンタビー・ストロベリー)もみられる[3]。
鼻面は太くて短く、顎の力が強い。前肢の筋肉は発達し、後肢は前肢よりも長い。
これにより前肢は長い爪も含め獲物を押さえつけることに、後肢は跳躍に適している。

出産直後の幼獣は体長31.5センチメートル – 40センチメートル、尾長13 – 16センチメートル。体重780 – 1,600グラム。
縞模様はあるが、体色は成獣よりも明色。