ウサギ

全身が柔らかい体毛で覆われている小型獣である。
最大種はヤブノウサギで体長 5076 cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。
多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、
腹面は淡褐色や白である。

他の獣と比しての特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。
兎形目内では耳介があまり発達していない種でも、他の哺乳綱の分類群との比較においては
耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。

眼は頭部の上部側面にあり広い視野を確保することができ、
夜間や薄明薄暮時の活動に適している。鼻には縦に割れ目があり、上部の皮膚を可動させることで
鼻孔を開閉することができる。門歯は発達し、一生伸びつづける。

かつてはこの門歯の特徴をもってネズミと同じ齧歯目の中に位置づけられていた。
しかし、上顎の門歯の裏側に楔形の門歯があるものをウサギ目として
独立した目分類がなされるようになった

かつてネズミの仲間と分類されていたように、肉食であるネコやイヌとは異なる点が多く
多くの種のウサギの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えている。

前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適している。
前肢の指は5本、後肢の趾は4本で、指趾には爪が発達する。体全体は丸みを帯び、尻尾は短い。

ストレスには非常に弱く、絶えず周囲を警戒している。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(うさぎの特徴について)