鮫島

サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。鰓裂が下面に開くエイとは区別される。2016年3月末時点で世界中に9目34科105属509種が存在し、日本近海には9目32科64属130種が認められている[1]。世界中の海洋に広く分布し、オオメジロザメなど一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。また、深海性のサメも知られている。

体の大きさは種によって異なり、最大のジンベエザメ(体長およそ14メートル)から最小のツラナガコビトザメ(体長22センチメートル)までさまざまであるが、平均的には1 – 3メートルのものが多い。サメを意味する言葉として、他にワニ(和邇)やフカ(鱶)が使われることもある。詳細は、下記#神話におけるサメ参照。

リス

リスは一般に小型の動物だが、体長7 – 10センチ、大きさは多彩である。

樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。地上性のリス(ジリス)は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。
多くのリスは、体毛がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。

体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む東南アジアに生息するフィンレイソンリスは
いくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、花の蜜を食べるために長く伸びる舌をしている。

前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある
手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。

大きな目をもち、視覚は優れている。多くは顔のひげや脚の触毛で、狭い場所を通る際に幅を認識する[7]など、優れた体性感覚を持つ[4]。

歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。
一対の門歯は、絶えず伸び続ける。こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する
犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。

シマリス属やジリスには、頬の内側に「頬袋」と呼ばれる袋状の構造がある。頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。

モモンガやムササビは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(りすについて)

ライオン

別名はシシ(獅子)。オスは体重は250kgを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。
現在の主な生息地はアフリカ大陸のサブサハラであり、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。
北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。

飼育個体は20年以上生きることもあるが、野生のライオンの寿命はより短く、特にオスが10年以上生きることは稀である。
縄張りをめぐって他のオスと常に争うために傷を負い、それが寿命を大きく縮める原因となる。典型的な生息地はサバンナや草原であるが、
茂みや森などに棲む場合もある。ライオンは他のネコ科の動物にはあまり見られない社会性を持っている。
メスと子ライオン、そして少数の成熟したオスがプライド(群れ)を形成する。狩りの特徴はメスの集団が連係することであり、おもに大型の有蹄類を襲う。

ライオンは捕食者の頂点でありまた象徴的な存在であるが、屍肉も漁ることもある。
賢く性質が他のネコ科よりも比較的穏和なため、ライオンがヒトを襲うことはほとんどないが、ライオンによる犠牲者がいることは知られている。

世界的に「百獣の王」として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている。
オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識できる。オスの容貌はあらゆる文化のなかで動物そのもののシンボルとして
最も広まっているものの一つであり、実際に全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多い。
ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。

彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。