シカ

草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。

オスは枝分かれしたツノを持ち、枝角(アントラー)と呼ばれる。多くのシカ科のメスはツノを持たないがトナカイはオスメス共にツノを持つ。
ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯を角質が覆っており生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は骨組織からなり、毎年生え替わる。

春季の生えたばかりの角は柔らかく表皮に覆われているが、秋季の骨化した角は固く、表皮は脱落する。
体の大きさは体重6-8kg程度のプーズー (チリに生息) から、体重800kgにも及ぶヘラジカ (ムース) まで様々である。

シカの蹄には、ヤマビルが穴をあけて寄生すること(有穴腫瘤)が知られており、ヤマビルの生息域の拡大にシカが関与していることが疑われている。

世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。
後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある。

ギリシア神話では、月の女神アルテミスの水浴を見たアクタイオーンが鹿に姿を変えられている。
道教の伝承に登場する仙人がしばしば乗騎とするのが白鹿である。太上老君は青牛を乗騎とするが、白鹿を乗騎としたという伝承もある。
トナカイは古来ソリを引く使役や荷役にも利用され、クリスマスにサンタクロースのソリを引く『赤鼻のトナカイ』の伝説にもなった。
鹿島神宮・春日大社などで神使とされる。古事記において、オオクニヌシに国譲りをさせる際、アマテラスは使者としてアメノオハバリを選び、
その伝令にアメノカク(天迦久)を派遣したとあり、このアメノカクが鹿の神とされる(「迦久」は鹿児を意味する)。
アメノオハバリは自分の代わりに息子のタケミカヅチをオオクニヌシのもとに差し向け国譲りを承諾させるが、このタケミカヅチが鹿島神宮の祭神であり、
その後平城京鎮護のために春日大社にも分霊された。

ゾウ

アジアゾウとアフリカゾウ、それとおそらくはマルミミゾウの、2属3種が現生し、これらは現生最大の陸生哺乳類である。
他に絶滅したマンモスやナウマンゾウなどを含む。

長い鼻、大きな耳が特徴。首が短く、立ったままでは口を地面に付けることができない。
膝をついてしゃがむか、筋肉質の長い鼻を使って食べ物や水などを口に運ぶ。鼻を使って水を体にかけ、水浴をすることもある。
この鼻は上唇と鼻に相当する部分が発達したものであり、先端にある指のような突起で仁丹のような小さな物から、豆腐といったつかみにくい物までを器用につかむことができる。

また嗅覚も優れており、鼻を高く掲げることで遠方より風に乗って運ばれてくる匂いを嗅ぎ取ることができる。聴覚も優れている。

視力について、多くの哺乳類と同様に緑色の知覚に劣る二色型色覚であるが、夜の薄明かりでも視力が維持される。

雌と子供で群れを形成し、雄は単独か雄同士で別に群れを形成して生活する。巨大な体躯のため、成体のゾウが襲われることは少ないが、
ヒトをはじめとして、敵は皆無という訳ではなく、アフリカではライオン、インドではトラが、主に若いゾウや幼獣を襲うことが確認されている。
そのため、群れの成獣たちは常に幼獣の周囲を取り囲んで、これらの敵から身を守っている。その巨体ながら、40km/h程度で走ることができる。

寿命は60歳から70歳で、20歳ほどで成獣になる。

第2切歯が巨大化した「牙」を持ち、オスのアフリカゾウでは牙の長さが3.5mにまで達することもある。牙は象牙として珍重され、密猟の対象となる。
巨大な板状の臼歯が上下に1本ずつの計4本しかない。自分の体重や歩くことによって足にかかる負担を少なくするため足の骨と足の裏の間には
脂肪に包まれた細胞がつまっており、足の裏の皮膚は固く角質化している。蹄を持つため有蹄類として分類されることもある。

カバ

10 – 20頭のメスと幼獣からなる群れを形成して生活するが、乾季には100 – 150頭の群れを形成することもある。
オスは単独で生活するか、優位のオスは群れの周囲に縄張りを形成する。

口を大きく開ける・糞をまき散らす・後肢で蹴りあげる・鼻から水を出す・唸り声をあげるなどして威嚇し縄張りを主張するが
オス同士で犬歯で噛みつくなど激しく争うこともあり命を落とすこともある。

縄張りは頭や体を低くする服従姿勢をとれば他のオスも侵入することはできるが、他のオスが縄張り内で交尾することは許容しない。
8年以上同じ縄張りを防衛することもあり、このうちの1頭が12年縄張りを防衛した例もある。
昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。

陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。
比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。
水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。
素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。
陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手[要出典]。

飼育下では体重4000キロのゾウ類は1日あたり約200キログラムの食物を食べるが、体重1500キロの本種は約50キログラムの食物を食べるとされる。
これは昼間に温度変化の少ない水中でほとんど動かずに、エネルギー消費を抑えているためと考えられている。

発情期間は2 – 3日。飼育下では交尾時間は12 – 17分の例がある。オスは生後5歳、メスは生後4歳程度で性成熟する。平均寿命は約30年。
繁殖力が高い反面、同じ一族の子孫による近親交配も多。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(カバの特徴について)

おっぱい祭り

「デリヘル動物園名物!!おっぱい祭り~!!」

とにかくおっぱい好き集まれ!!
3人の巨乳女性(1人は指名できます)が同時にお伺いします。
酒池肉林!!
たまには非日常的なプレイを・・・。
をコンセプトで始めました。

3人の女性・・・合計6個のおっぱい・・・。

男性のお客様からすれば、
口は1つ、手は2本、性器は1つの合計4つ・・・

6―4=2個のおっぱいが余る・・・。
どうしても、常に2つのおっぱいが余ります。

この祭りで勝つためには、余る2つのおっぱいをどのように攻略するのかがポイントです。
このお祭りをご利用な方は、事前に念入りなシミュレーションをすることを強くお勧めします。

尚、このお祭りを攻略した方はおりません。
もし攻略なさった方がいらっしゃれば、やり方を教えてください。

あぶら祭り

あぶら祭り~!!
とにかく、脂肪たっぷりの動物たちがお伺いします。

フリーの場合、60分9000円~!!

※20代or30代が必ずお伺いします。

ミステリー祭

ミステリー祭、年中無休で開催中!!

言葉の通り、ミステリー。

どの動物がやってくるかわからない。

まさに、気分はアマゾンの奥地に1人でいる感じ。

お楽しみあれ~!!

視姦プレイ

飼育員も一緒にホテルへお伺いします。
飼育員は基本的にお客様のプレイをただ見ているだけです。
凝視しているかもしれませんが・・・(笑)
わけのわからないサービスですが、3Pではない不思議なサービスです。

もちろん・・・完全無料です。
※お電話の際にお申し付けください。