リス

リスは一般に小型の動物だが、体長7 – 10センチ、大きさは多彩である。

樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。地上性のリス(ジリス)は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。
多くのリスは、体毛がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。

体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む東南アジアに生息するフィンレイソンリスは
いくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、花の蜜を食べるために長く伸びる舌をしている。

前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある
手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。

大きな目をもち、視覚は優れている。多くは顔のひげや脚の触毛で、狭い場所を通る際に幅を認識する[7]など、優れた体性感覚を持つ[4]。

歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。
一対の門歯は、絶えず伸び続ける。こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する
犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。

シマリス属やジリスには、頬の内側に「頬袋」と呼ばれる袋状の構造がある。頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。

モモンガやムササビは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(りすについて)

ネコ

愛玩用家畜として同じく一般的なイヌに比して、ネコは飼育開始の時期が遅いが、これは家畜化の経緯の相違による。
イヌは狩猟採集民に猟犬や番犬として必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、農耕の開始に伴いネズミの害が深刻にならない限り有用性がなく
むしろ狩猟者としては競合相手ですらあった。

その競合的捕食動物が人のパートナーとなり得たのは、穀物という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、
財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。また、伝染病を媒介する鼠を駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。
さらに、記録媒体として紙など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。

日本には平安時代に倉庫の穀物や経典類の番人として輸入されたことにより渡来してきたものと考えられてきたが
近年の研究では移入期が紀元前2世紀の弥生時代までさかのぼる可能性が出てきた。

農耕が開始され集落が出現した時期の中東周辺で、山野でネズミやノウサギを追っていたネコがネズミが数多く集まる穀物の貯蔵場所に現れ
棲みついたのが始まりと考えられている。

穀物には手を出さず、それを食害する害獣、害虫のみを捕食することから双方の利益が一致し、穀物を守るネコは益獣として大切にされるようになり
やがて家畜化に繋がった。

ウサギ

全身が柔らかい体毛で覆われている小型獣である。
最大種はヤブノウサギで体長 5076 cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。
多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、
腹面は淡褐色や白である。

他の獣と比しての特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。
兎形目内では耳介があまり発達していない種でも、他の哺乳綱の分類群との比較においては
耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。

眼は頭部の上部側面にあり広い視野を確保することができ、
夜間や薄明薄暮時の活動に適している。鼻には縦に割れ目があり、上部の皮膚を可動させることで
鼻孔を開閉することができる。門歯は発達し、一生伸びつづける。

かつてはこの門歯の特徴をもってネズミと同じ齧歯目の中に位置づけられていた。
しかし、上顎の門歯の裏側に楔形の門歯があるものをウサギ目として
独立した目分類がなされるようになった

かつてネズミの仲間と分類されていたように、肉食であるネコやイヌとは異なる点が多く
多くの種のウサギの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えている。

前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適している。
前肢の指は5本、後肢の趾は4本で、指趾には爪が発達する。体全体は丸みを帯び、尻尾は短い。

ストレスには非常に弱く、絶えず周囲を警戒している。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(うさぎの特徴について)

キリン

構成や個体数が変動する繋がりの緩い10 – 20頭程度の群れで生活している。
19世紀から20世紀初頭では20 – 30頭の群れの報告例があるが、2000年代以降は群れは平均6頭以下とする報告例もある。

セレンゲティ国立公園での800日間にわたる観察では、群れの構成が24時間以上変わらなかったのは2例のみだったとする報告例がある
。メスの行動圏は約120平方キロメートルに達し、オスの行動圏はより小さいが、群れに含まれず単独で生活する若獣のオスであればより広域となる。
行動圏内で主に活動する範囲は中心部に限られ、外周円状に緩衝地帯があると考えられている。

行動圏が他の個体と重複した場合は、それらの個体と群れを形成する。

主に薄明薄暮時に採食を行い、昼間は反芻を行う。
通常は直立したまま休息や睡眠を行うが、安全が確保されていれば2 – 3時間にわたり座って休むこともある。
前肢と片方の後肢を内側に曲げて地面に座り、眠りが深くなると首は丸めて体に乗せる。
1日の睡眠時間は諸説あるが、眠りが深くなった姿勢をとるのは1日に3 – 4分、長くても10分とされる。
食物の葉から摂る水分のみで、水を飲まなくても生きていくことができるため、アフリカに住む他の草食動物と異なり、乾季になっても移住をしない。
時速50 – 60キロメートルで走ることができる。ほとんど鳴くことはないが、唸り声や鼻を鳴らす声など様々な声を出すことはできる。

食性は植物食で、主にアカシア属・シクンシ科などの木の葉、若芽、小枝などを食べるが、果実や草本を食べることもある。

ライオン

別名はシシ(獅子)。オスは体重は250kgを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。
現在の主な生息地はアフリカ大陸のサブサハラであり、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。
北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。

飼育個体は20年以上生きることもあるが、野生のライオンの寿命はより短く、特にオスが10年以上生きることは稀である。
縄張りをめぐって他のオスと常に争うために傷を負い、それが寿命を大きく縮める原因となる。典型的な生息地はサバンナや草原であるが、
茂みや森などに棲む場合もある。ライオンは他のネコ科の動物にはあまり見られない社会性を持っている。
メスと子ライオン、そして少数の成熟したオスがプライド(群れ)を形成する。狩りの特徴はメスの集団が連係することであり、おもに大型の有蹄類を襲う。

ライオンは捕食者の頂点でありまた象徴的な存在であるが、屍肉も漁ることもある。
賢く性質が他のネコ科よりも比較的穏和なため、ライオンがヒトを襲うことはほとんどないが、ライオンによる犠牲者がいることは知られている。

世界的に「百獣の王」として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている。
オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識できる。オスの容貌はあらゆる文化のなかで動物そのもののシンボルとして
最も広まっているものの一つであり、実際に全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多い。
ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。

彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。

開園です!

<デリヘル動物園>開園です!

店名通りのクオリティ、まさに、動・物・園!!

小動物~巨大動物まで♪

なんでも揃います♪揃っています♪♪

それが「デリヘル動物園」
これそこが、「デリヘル動物園」!!

入園料はご利用しやすい料金で船橋エリアで安くしております~

動物園は現在プレ開園中!
6月10日に正式オープン!!
でも、動物は順次輸入しております。
今、電話を頂ければ、激安金額でご案内します!

<20代の女の子なのに>
■60分 9000円!!
■80分12000円!!